人生を”劇的”に変えるワーク ベスト10

Pocket

人生を”劇的”に変えるワーク ベスト10

世の中には、人生を変えるワークがたくさんあります。

内容も様々で、価格も数千円のものから
数十万円の高額なものまでいろいろです。

期間も、数時間で終わるものから
数日、数ヶ月かかるものまで、、、本当に様々です。

そして、世の中にはたくさんの情報が溢れ
玉石混合の中、選択肢が莫大にあります。
結局、何をして良いのか分かりません。

そんな環境の中で、人生を変えようといろいろなワークに
挑戦してみても、人生が変わるどころか
結局、同じままの人生を送っている人も多いです。

では、どんなワークをしたら
本当に人生が”劇的”に変わるのでしょうか?

この答えを知りたい方は多いと思います。

私も、人生を変える”究極の秘密”があるのだと思い
かなりのお金を投資して学び、実践し、探求して来ました。

それも、「修行」レベルと言われるくらいに、
ある一つのワークに数年間取り組んだこともあります。

中には、効果の薄いものもありましたが
中には、本当に私の人生を”劇的”に変えたものもありました。

そこで、人生が本当に変わるオススメのワークを
私が実際に取り組んた経験から判断して
オススメワーク ベスト10として紹介します。

【人生を”劇的”に変えるワーク ベスト10】

10位 101個の目標を書く

これは、上海のメンター ロッキー・リャンに教わりました。

この書き方は細かく説明すると長くなるのですが
まずは、細かいことは氣にせず、目標を101個以上書いてみると
よいと思います。

すぐに書ける人もいるし、書けない方もいます。

書けない方は、欲しいもの、体験したいこと、達成したいこと
身につけたいスキル、健康面のこと、精神的なこと、経済的なこと
貢献したいことなど、分野ごとに書いて、さらには、
1年以内で達成すること、3年から5年で達成すること、7年から10年で
さらには、この世を去るまでに達成すること。

そのように、分野で分け、短期、中長期と分けて書くと
101個以上書くことができると思います。

書いてから次にどうするかということもあるのですが
とにかく書き出すだけでも人生は変わり始めます。

目標を書き出すことが重要であるとことは
人生を変えたいと思っている人の多くは
ほぼ全員と言って良いほど知っています。

そうです、すでに”知っている”のです。

ですが、重要なのは、目標を書いたものが
実際にあるかどうか振り返ってみてください。

もし、あるならそれを取り出して、眺めてください。
以前書いた目標が、これは無理だろうと思ったものまで
達成していることに驚くのではないでしょうか?

もし、無ければ、今すぐ書き出してみてください。

人生を実際に変えるためには、”知っている”かどうかではないのです。
実際に行動レベルで取り組めているかが重要なのです。

 

9位 ビジョンボードをつくる

これは、視覚・聴覚・体感覚のうち
視覚が優先する方には、特にオススメです。

人は、イメージしたものが欲しくなります。
その効果を使っているのが、イメージ広告やCMになるのですが
頻繁に目にすれば、潜在意識がそれを手に入れている自分を
現実化しようとして、自然に行動するようになるのです。

また、頻繁に目にすることによって、
モチベーションが維持されます。

なので、壁にピンで欲しいものや体験したことの写真を貼り付け
さらには、その写真に実現したいことを、具体的に書き入れたりして
頻繁に目にするように飾っておくと効果的です。

このワークは、結構楽しくワクワクするので
年に2回ぐらい、自分のやりたいことを再確認しながら
新鮮な気持ちで、作ってみるのがオススメです。

 

8位 毎日感謝することを5個、目標を15個書く

これはブライアン・トレーシーに教わった方法です。

「新年に向け1年に1回目標を書いておくと
年末には、その中の目標のいくつかは実現している。
ならば、毎日目標を書いたら、その実現の度合いは
劇的に加速するはずだ!」と
ブライアン・トレーシーは考え、毎日目標を書きました。

そしたら、すでに大成功していたのに、そこからさらに
加速度的に人生が変わって行ったというのです。

そこで、私も実践してみました。

それも、1000日間実施すると決めて
1000日間達成しました。

確かのそれを実施していた約3年間で
私の人生は”激変”しました。

ポイントとして、毎日感謝することを5つ書き出しだすことも
同時にやったのですが、こちらの効果もかなり重要です。

感謝することにフォーカスすることができ
より感謝することが増えてくるからです。

 

7位 インカンテーションを毎朝20分間行う

インカンテーションとは、アファーメーションに
体感覚を取り入れ、視覚・聴覚・体感覚をつかって
成りたい自分になっている自分自身を、
潜在意識に刷り込んでゆく手法です。

セルフイメージの書き換えによる効果です。

人は、なんだかんだ言っても
自分自身の内なるセルフイメージどおりの人生を
自動的に送るようになっています。

なので、セルフイメージを書き換えてしまえば
無限の可能性を持つ潜在能力が、潜在意識にある
セルフイメージどおりの人生を現実化してゆくのです。

もし、あなたが、会社の社長だとセルフイメージを持てば
言動は自然に社長のようになり、現実的に社長になってゆくのです。

方法は簡単です。

「私は、◯◯だ!」と繰り返し言うだけです。

例えば
「私は、卓越したセールスマンだ!」
「私は、世界中を旅するトラベルライターだ!」と
繰り返していると、、、

最初は事実ではないので違和感を感じますが
毎日繰り返していると、潜在意識が良い意味で
勘違いをしてきて、インカンテーションで繰り返し
刷り込んできたセルフイメージを実現して行くのです。

 

6位 21日間不満を言わない

これは、「もう、不満わ言わない」の著者
ウィル・ボウエンに教えてもらったワークです。

方法は簡単で、腕に、ブレスレットをして
21日間不満を言わないで過ごすだけです。

なぜ、ブレスレットをするかと言うと
もし、不満を口にしてしまった時、
ブレスレットを反対の手につけかえて
もう一度初めからやり直しです。

実際に取り組み始めてみるとわかるのですが
最初は、どれだけ自分が不満を口にしているかに
氣づきはじめます。

この段階で、すでに変化が起きてきます。

そして、21日間不満を言わないで過ごすと
確実に、あなたの周りの環境が驚くほど変わっています。

このワークオススメです。
21日間達成するのは、簡単ではないですが、
達成するまでの途中段階で、すでに様々な氣づきがあります。

 

5位 感情をマイナスにしない21日間

これは、アンソニー・ロビンズがススメているワークです。
私は、これに数度挑戦しましたが、未だに21日間
感情をマイナスにしないことを達成できていないです。

不満を言わないのは、口に出さなければOKですが
感情をマイナスにしないのは、イライラした状態が
しばらく続いたらやり直しだからです。

もし、感情がマイナスになっても
一瞬で、意味づけをかえたりして、
氣分をプラスに切り替えられたらOKなのですが
ついつい、マイナスの感情の中にいる自分に氣づかされます。

そしたら、やり直しです。

のワークも前の不満を言わないワークと同じですが
取り組む最中に、様々な氣づきを得ることができます。

そして、達成できて習慣化すれば、
常にプラスの感情になり、幸福感が確実にアップします。

それによって、あなたの周りには、
プラスの感情になるものが引き寄せられてくるのです。

かなり、ハードルが高いと感じるかもしれませんが
遊び感覚で、一緒に実践する仲間をつくって
挑戦してみると良いと思います。

 

4位 未来の自分の姿を音声に吹き込み毎日聞く

これは、上海のメンター ロッキー・リャンが
人生を変える最強の方法として教えてくれた方法です。

方法は、簡単です。
自分の理想の人生を送っている自分自身の姿を書き出し
「ロッキー、お前は、◯◯だ!」と自分の声で
自己催眠して行く方法です。

これを録音して、毎日、朝と夜に繰り返し聞くと
「本当に、人生は変わる!」と不可能レベルの目標を
次々に達成したロッキーは言います。

ただし、これには難しいことが一つあります。
その自己催眠する効果的なセリフをつくることが
普通の人ができないのです。

そこで、どのような文章にすれば良いかといると
参考になる文章があります。

もし、あなたが、経済的な”自由”を得ることが
優先事項の上位にあるのであれば
「地上最強の商人」の巻物の文章を自分ようにリメイクして
活用すると良いと思います。

 

3位 毎日、一つ普段しないことを実行する

「人は、いつもと同じことをしていて
違う結果を期待します。」

これって、とっても狂気なことで、
同じことを繰り返していたら、同じ結果しかおきません。

だから、違う結果を望むのであれば、
いつもと違うことをする必要があります。

なので、人生を変えたかったら
何かを変えなければならないのです。

いつもと違う帰り道を通って帰るだけでもOKです。

いつもなら、話しかけないのに
思い切って、しらない人に話しかけてみるのもいいです。

行ったことのない場所に行くのもありです。
ちょっと恥ずかしいことをしてみるのもありです。

特に、自分が憧れる人生を送っている人が
どのようにして人生を変えたのかを調べ
その人生に変化を起こした具体的な行動を
真似てみるのもありです。

”究極”のところ人生を変えるのは
”行動”を変えることだからです。

確かに”行動”するのは怖いかもしれません
居心地悪かもしれません。

ですが、、、あなたが成長するには
その居心地悪い場所にしかないのです。

 

2位 ロールモデルのメンターと一緒に旅をする

私が、大きく人生を変えた分岐点を振り返ると、そこには
メンターと一緒に旅した経験が大きく影響しています。

また、私の周りで人生を大きく変えた人物も
ロールモデルやメンターと一緒に旅して
生のライフスタイルに触れた時だと思います。

それは、たくさんの本を読んだり、動画を観たり
音声を聴くよりも、強烈に人生に影響を及ぼします。

そんな体験をするのが一番大きいです。

ただし、このチャンスを得るのが大変です。

時には、メンターと一緒に旅をする機会があるかもしれませんが
大抵、そのような企画は参加するのが高額です。

それでも、思い切って参加すると、劇的に人生を変わる
分岐点になるかもしれません。
これは、超オススメです。

 

1位 人生のマスタープランと日記を書く

これは私が最もすすめるワークです。
あなたがどんな人生を送りたいのか人生の設計図とも言える
マスタープランを書き出すのです。

そして、それと同時に、日記を書き
自己との対話を進めて行きます。

これは、1日で終わる内容ではないですが
継続して行くことによって
指数関数的に人生に変化が起きてきます。

さらには、マスタープランに書いていると
人生の”ここ一番のチャンス”を掴むことができるようになります。

この書き方については、
「大富豪の仕事術」という本が参考になると思います。

ここまで、10位から1位まで書いて来ましたが、本当は
どれが一番効果的であるかと順位をつけるのは難しいくらいです。

どれもが効果があり、その時の、あなたの状況によっては
1位のものが必ずしも最適でないかもしれません。

どのワークを取り組むにしても
結局のころ、あなたの人生を変えるのは、、、

究極のところ、”人との出会い”です。

そして、その人生に影響を与えるような”人との出会い”を生み出すのが
セルフイメージであったり、内なる”在り方”であったり
目標設定だったりするのだと思います。

なので、どらがいいと言うよりも
あなたが、これは面白そうと思ったら
挑戦してみることをすすめます。

どれから始めても、本氣で人生を変えると決意して
実践すれば、必ず、人生は変わります。

そのとは、私自身の人生の”劇的”な変化を持って
証明できると思います。

Pocket

Webで集客している人は”具体的”にどんな”行動”をしているのか?

Pocket

集客がうまくできない人は、結局
自分が何をすべきかを分かっていないか
分かっていても行動していないかのどちらかです。

では、Webを使って集客している人は
具体的にどんな行動をしているのでしょうか?

そこで、ある程度結果が出ている人の
行動の基準を書き出してみました。

もし、あなたがこの基準と自分の行動を照らし合わせて
回数や頻度が明らかに少ないとしたら、
それが望む結果が出ない部分になります。

例えば、、、

カウンセラーやコーチ、または、講師業をして
ライフワークを確立したいと考えている人がいます。

その分野でライフワークを確立したいと思いながら
本人は、できる限りのことをやっていると思っています。

確かに、話を聞いてみると、、、悩んだり葛藤したり
かなりの精神的なエネルギーを注いでいます。

 

ですが、、、

 

具体的にどのような行動を望む結果を実現するために
行っているか聞いてみると、衝撃の事実が明らかになるのです。

望む結果を生み出すための、活動が少ないのです。
活動しているとしても、年に4回程度しかしていません。

何かイベントを企画しようとすると、
たいてい3ヶ月以上も先に設定します。

なので、年間4回程度しか実施できないのです。

私の調査では、なんらかのイベントを年間10回ぐらいしている人は
なんらかの結果を得ているようです。

方法は、大きなイベントでなくてもOKです。
ランチ会や食事会、飲み会や懇親会でもいいんです。

それらの活動をコンスタントにすることが
結果的に、クライアントの獲得に繋がっています。

 

私も、昨年から比べたら、今年は手を抜いているなぁ〜と思いながら
イベントの回数を数えると、沖縄だけでも毎月イベントを実施してます。

それでも、少ないと感じるのは、私の周りで活動している成功者達が
それ以上に積極的に活動しているから、それが基準に考えるからです。

なので、「自分は少ないなぁ〜」と感じてしまうのです。

 

もし、あなたが、自分は頑張っているのに
なかなか思うような結果が出ないと思っているとしたら
ちょっと時間をとって自分がどんな行動をしてきたか
客観的に振り返ってみてください。

自分の中の基準の低さが、望む結果が出ない
最大の原因だと氣付くかもしれません。

 

Webを活用して集客している人の結果が出てくる行動量

デイリータスク
・記事を1日に2〜3回以上更新する
・SNSのチェックを毎日20分以上する
・関連のある内容にコメントしたり返信する

ウィークリータスク
・週に2〜3回は、ブログ記事にしっかり内容のある記事を投稿
 1記事の文字数は3000〜5000文字程度

マンスリータスク
・月に1回以上、ライフワークに関するイベントを実施
 そのイベントの中で、より付加価値があり高額な商品をセールスする

 

書き出してみると、それほど大したことではないですよね。
これは、一つの基準です。

ある程度の結果を出している人は、
この程度は普通にやっています。

 

「既にこれ以上にやっているのに、結果が出ていないです!」って
感じた方もいるかもしれません。

その場合、次のことをチェックしてみてください。

・自分の取り組みに一貫性はあるか?
・必ず欲しい結果を実現すると自主的に工夫しているか?

正しい方法で取り組んでいても
ソーシャルメディアを活用するには、ある一定時間が必要になります。

その期間は、3ヶ月から6ヶ月ぐらいかかります。
SEO対策的に結果がでるのは、1年以上かかります。

その期間、努力を継続し、軸がしっかりした明確なビジョンに向け
一貫性のある行動が必要になります。

また、自主的に工夫していることも重要です。

あなたは、あなた自身のライフワークを自身で
確立するのですから、起業家でなければなりません。

だから、最終的に決断するのはあなた自身なのです。
すべてのやることを教えてもらって実施するのは、
依存度の高い従業員の考え方です。

これでは、長期的なライフワークの確立に繋がりません。
必ず、起業家マインドで取り組むことが重要です。

 

いかがでしょうか?

 

ご自身の過去の活動を客観的に俯瞰してみて
間違いなく結果がでると期待できる
具体的な行動がとれていたでしょうか?

もし、できていないとしたら、、、

「なぜ、できないか?」と
いかにも正当性のあるできない理由を考えるのではなく

「どうしたらできるか?」と
質問を繰り返してみてください

それでも、なかなか行動できないとしたら
それはマインドセットセルフイメージを書き換える
自然と行動できるようになるかもしれません。

Pocket

感謝のエネルギーをお金に変換する”魔法のシート”とは?

Pocket

「どうしたらお金を頂けるようになるのでしょう?」
「いろいろやってきたのに、全く収入が増えないです!」

これは、数年前の私が経済的に追い込まれて
苦し紛れでメンターに相談した言葉でした。

そのころ、本業の業績はドン底で、毎年1千数百万円の赤字でした。
そんな状況だったので、自分の年収を120万円まで落としていました。

毎月入ってくる本業からの収入は手取りで8万円程度でした。

そんな状況をなんとかしたくて、新規事業のアイデアを
いろいろ試してみたのですが、、、

正直、どれも不発で、
もがけばもがくほど手元のお金は減って行きました。

そんな状況をその当時のメンターの一人に相談したら

「与えつづけなさい!」

って言われました。

それを信じて、とにかく自分ができること
自分が人にしてあげられることを
与えつづけようと取り組み始めました。

その当時、自分にできることは、
長年の教育業界にいた経験から、専門分野のティーチングと
カウンセリングやコーチングなどのスキルを使って
相談にのることぐらいしかできませんでした。

そこで、いろいろ”悩み”を聞いたり
”どうなりたいか”を聞いたりしていました。

その中で、自分にできることを考え
それをしてあげようと考えていました。

つまり「与えつづけなさい!」の言葉のとおり
「与える」ことにフォーカスしていたのです。

すると、話を聞いてあげるだけでも
感謝されるようになってきました。

時には、”夢”を聞いてあげるだけで
暗かった顔が、パッと明るくなり帰る時には
元気になって「ありがとう!」って帰って行きました。

そのうち、私の所に話を聞いてもらいたくて
人が来るようになりました。

私も誰かの夢を聴き、いっしょにその夢の実現を考えることは
大好きなことだったので、相談に乗ることは楽しかったのです。

楽しことをしているのに、喜んでもらえ、私も嬉しかったので
カウンセリングやコーチングのようなことをしているけど
そこからお金を頂くことができませんでした。

なので、全く収入にはならず、金銭的にも
いよいよ苦しくなってきて、もう一度メンターに相談しました。

すると、、、その時の回答は、一言でした。

「メニューをつくれ!」

これだけです。

 

最初、それを聞いた時は、
なんのことだか分かりませんでした。

ところが、、、

実際に、「メニュー」をつくってみたところ
感謝のエネルギーがお金に変わり始めたのです。

そして、「メニュー」ができてからというもの
私の目の前にお金が流れて来ました。

そして、さらに「メニュー」の内容を検討し
書き換えることによって、お金の流れは
小川になり、その発想を本業にも利用することによって
大きな川の流れまでに成長して行ったのです。

まさに、「メニュー」は感謝のエネルギーを
お金に変換する”魔法のシート”だったのです。

ちょっと話が抽象的なので、
具体的な事例にして紹介します。

私は、「与えつづける」ことによって
周りの人の悩みや問題という”痛み”と
夢や望む結果という”快楽”をしりました。

それを手に入れる方法について一緒に考えました。

それによって、時には話を聞いているだけで
喜んでもらえたのです。

それは、感謝のエネルギーとして私に”帰って”きました。

ところが、これだけでは、お金になりませんでした。

そこで、「メニュー」をつくりました。

=============

 【コーチングメニュー】

コーチング1時間 1,000円

=============

と、、、

するとどうでしょう。

それからと言うもの
話を1時間聞くだけで、1,000円を
払ってくれるようになったのです。

感謝のエネルギーがお金に変わった瞬間です。

その後、相談される悩みや問題を解決する方法について
自分でも調べたり、試したりしながらスキルアップすることで
さらに感謝のエネルギーを頂けるようになったので
「メニュー」を次のように書き換えました。

=============

 【コーチングメニュー】

コーチング1時間 5,000円

=============

これによって、相談者の数は減りましたが
入ってくる収入は数倍になりました。

ところが、この金額では
どんなに頑張ったところでコーチングだけで
生活するレベルの収入にはなりません。

(シミュレーション)
1週間で予定を調整して対応できる人数 10名
経費(移動の交通費やカフェなどの場所代)約2,000円
よって、1週間の収入 30,000円
見込まれる 月収 120,000円

 

そこで、マーケティングとセールスの方法を学び
集客方法やビジネスの仕組みづくりを改善しました。

これについてはマーケティングとコピーライティングのところで
詳しく解説しますが、、、

フロントエンド商品バックエンド商品を用意したのです。

フロントエンド商品とは、入り口商品で利益率が低い買いやすい商品
バックエンド商品とは、フロントを購入した人に提供する利益率の高い高額商品

そこで、次のような「メニュー」に変えました。

変更点は、

・コーチングから得た相談者の共通点の問題を
 解決する方法をまとめてセミナーを実施
・3ヶ月間のコーチングセッションを高額商品として実施
・単発のワンツーマンのコーチングは単価を上げる

=============

 【コーチングメニュー】

セミナー2時間 5,000円

コーチング1時間 10,000円

3ヶ月コーチングセッション 150,000円
(コーチング12回・メール相談随時)

=============

ところが、、、

その当時は、コピーライティングやセールスの
スキルを学んでいなかったので、
15万円のコーチングセッションはなかなか売れませんでした。

そこで、移動しないでもできるスカイプを利用した
格安のグループセッションを取り入れたのです。

=============

 【コーチングメニュー】

セミナー2時間 5,000円

コーチング1時間 10,000円

3ヶ月コーチングセッション 150,000円
(コーチング12回・メール相談随時)

6ヶ月スカイプグループセッション 30,000円
(グループコーチングセッション24回)

=============

これにより、スカイプグループセッションに
最初、約20名の申込みがありました。

その後、このグループセッションの参加者の中から
夢を実現したり、人生を望む方向へ”劇的”に変えた人が出て
実績が出てきたので、だんだんと金額を上げて行きました。

半年間 3万円→6万円→12万円→24万円→48万円
そして、1年間98万円→140万円(現在)

ここまで書くと、人によっては
「高い!」と思うかもしれませんが、、、

この段階にくるとジョイントベンチャーとしての
取り組みも入れているので、付加価値をかなり高めて提供しています。

また、提供する内容には、必ず
マーケティングやセールスのスキルが含まれているので
売り上げが数千万円増えたり、法人の場合は
数億円増えたりすることが実際に可能です。

ですので、そこから得られるリターンから比べれば
「安い!」と思って貰えるのです。

ちなみに、高すぎる価格設定をしても
売れないので、価格を決めるためには、
ドライテストが必須です。

(※ドライテストとは、マーケットリサーチのために
テスト的に販売してみること)

もし、ここまで読んで、あなたが
「金額が高くて、自分には無理!」と
感じたとしてもご心配なく。

多くの人が、この部分でお金に対する心理的ブロックが
現れてくるからです。
この外し方も今後紹介して行きます。

ただし、もし、今、
あなたが、お金に困っているようだとしたら、、、

明確な「メニュー」があるか確認してください。

「メニューはありますか?」

無ければ、今すぐ作ってください。

もし、メニューがあるのに、お金に変換されていないとしたら

「メニューを見える場所に出していますか?」

せっかくメニューをつくってあるのに、
人に見せていないという方が結構多いと思います。

この場合、「人に見せた途端、申込みがありました。」って
驚きの報告を受けることがあります。

もし、やっていなければ、今すぐ
メニューを見えるところへ掲げてください。

それもやっているのに、お金に変換されない場合は、

あなたの周りの人が求めるものを「与えつづけ」
感謝のエネルギーが帰ってくるようになっているか確認してください。

もしかしたら、、、

あなたが、「与えている」ものが
必要とされていないのかもしれません。

下の図のようになっていませんか?

マーケットニーズの不一致

この場合は、ある方法によって次のようい解決することができます。

マーケットニーズの一致
それについては、別の機会に解説します。

Pocket

経済的自由・時間的自由・精神的自由を得る6つのワーク

Pocket

大好きなことでライフワークを確立したい方と話していると
共通して出て来るゴールが”自由”です。

それも、経済的”自由”時間的”自由”
それにより場所的”自由”、さらには、精神的”自由”
これらの”自由”を求めています。

あなたは、どうですか?

「自由人」って言葉に憧れますか?

ありがたいことに私も「自由人」って
言われるようになりました。

それも、時には、私よりも遥かに成功し
年収も遥かに多い方からも羨ましがられたりします。

もちろん、経済的に収入を増やすことは
自由を手にする上で大きな要因ですが、収入の多い方が
”不自由さ”を感じているのは、なぜなのでしょう。

人は、経済的な問題が解決したら、収入が増えたら
”自由”が得られると思っていますが、、、

実際に”自由”になるためには、実は、意外なところに
重要な違いを生み出すポイントがあったのです

今回はその違いを生み出す、5つのワークについて紹介します。

※これから紹介する5つのワークは「それは無理!」って
思えるものが多いかもしれませんが、ゲーム感覚で1ヶ月だけ
楽しみながら、または、逆に修行と思って取り組んでみると
あなたの人生の幅が広がるはずです。

そして、”自由”になる基準が明確に見えてきます。

オススメです!!

経済的自由・時間的自由・精神的自由を得る5つのワーク

1.現在の半分の生活費で暮らす、時には思い切ってダウンサイジング!

人は、収入が増えると必ずと言ってよいほど支出が増えます。
一度、支出は増えてしまうと、どれも必要な経費や必要な支出に思えて
「半分の生活費で暮らす」なんて不可能に感じてしまうかもしれません。

そこを、ゲーム感覚で楽しみながら工夫して半分にするのです。
時には、豪華な賃貸住宅からダウンサイジングすることも検討するのです。

例えば、、、

現在、持ち家に住んでいれば、そこを賃貸に出したり、
シェアハウスにしたりAirbnbに活用したりして
自分たちは、極端な話、車の中で暮らすっていうのもありです。

または、農家さんと仲良くなって新鮮な形の悪い売れない野菜を分けてもらったり
漁師さんと仲良くなって、新鮮な魚介類の傷物を分けてもらったりします。
時には、一つの食材を食べきれないくらいもらうので、それを友人に分け与えます。

または、ホームパーティーを頻繁に企画して、場所を提供し
お酒や食材を持ち寄ってもらったりします。
実際にやってみると分かるのですが、パーティー後に食材が残るので
その食材で、工夫すればしばらく生活できます。

「今月、あと2万円しかない!」という状況に追い込まれて
必死で工夫すると、結構なんとかなるものです。

その時、重要なポイントがあり、惨めな氣持ちになるのではなく
素晴らしい”自由”な未来を手にするためにゲーム感覚でやることです。
けっしてセルフイメージが下がらないようにしてください。

あの富構築で有名なロバート・キヨサキも人生の転機の時に
ダウンサイジングして車に住んだそうです。

人と、違うことを極端にやってみることを楽しいと思えたら
あなたは、その時点で成功者の素質が十分にあります。

2.自分の持ち物を半分に減らす、時には思い切って引越、または移住!

「断捨離」の効果は私が細かく説明するまでもないので、
その効果や方法は、ネットで検索してみてください。
持ち物を減らすと、物質的にも精神的にも身軽になります。
ストレスも確実に減ってきます。

それに、物を処分する時に、工夫すると臨時の収入も手に入ります。
この経験が、後のビジネスアイデアを考えるのに役立ってきます。

例えば、、、

私の場合、上海に移住する前に、沢山のものをヤフオクで処分しました。
その収入は、月額24万から28万円程度になりました。

さらには、ブックオフを利用したり、リサイクルショップや
金券ショップを利用したりするのもありです。
ガレージセールやフリマも良い経験になると思います。

また、思い切って引越したり、移住するのもありです。
引越すると強制的に持ち物を減らすことができます。

その時、仕事は都会で、住居は地方にすると
収入はそのままで、生活費だけさげることができます。

さらには、田舎暮らしと都会のダブルライフも視野に入れると
そこから、すでに”自由なライフスタイル”に発展してゆきます。

3.毎日の仕事を昼の12時までに全て終了させ、午後から行方をくらます!

毎日行っている仕事は、意外とダラダラとやっている場合が殆どです。
本気で取り組んだら、案外午前中だけで終わらすことができます。

量的にどうしても難しければ、早起きして朝の5〜6時から仕事を開始すれば
午前中だけで、6〜7時間働けます。
これだけの時間があればかなりの仕事がこなせるはずです。

そして、午後は「仕事をしないのです!」 行方をくらまして
「仕事」とも「遊び」とも言える活動に取り組むのです。

不思議なもんで、この取り組みを始めると
ビジネス的にも飛躍的にプラスの展開が生まれてきます。

人生を変えるのに、とっても重要な時間が手に入るのです。

「会社員なので、そんなの絶対に無理!」って
感じる方もいると思いますが、、、

会社員の方で、さらには、現場を離れられないと思っていた事業主さんが
これを実践して、最終的に悠々自適なライフスタイルを実現した方を
私のクライアントさんとして何人も見てきました。

「どうしたらできるか?」と繰り返し質問し
実際に、交渉したりすると実現可能になります。

だって、この文章を読んでいると言うことは
その自由を望んでいるのですよね。

年に2回、1ヶ月だけでも、そのようなライフスタイルの実現に
フォーカスして挑戦してみると、遅くとも数年後には
あなたのライフスタイルは”劇的”にシフトしているはずです。

その場合、一時的に収入が減る場合もありますが、
最終的には、元の収入を超えるくらいになってきます。

4.物質的”欲望”を書き出し、実際に”体験”して手放す!

ポルシェ

これも重要なワークです。人の”欲望”にはキリがないです。
何かを手にいれると、次はさらに高級なものが欲しくなってきます。

このモチベーションも重要なので否定はしません。
だから、あなたも否定せずに、物欲を余すことなく露わにして
書き出してみて欲しいのです。

そして、それを書き出したら、実現しやすいものから
所有ではなく、”体験”という形で経験して感じてもらいたいのです。

すると、殆どのものが満足して手放すことができます。
中には、どうしても「手に入れたい!」「所有したい!」って
余計に所有欲が高まることもあります。

その場合は、そのために稼いで”所有”すれば良いのです。

それをやることで、あなたは物欲を手放し、マズローの発達段階と同じく
意識は、上位の欲求の方へ移って行きます。

この取り組みは、時間のかかるものもあると思いますが、
一つ一つ体験して手放して行くと、精神的にも自由になってきます。

ぜひ!実際に体験してその自由になってゆく感覚を
味わって欲しいと思います。

実際に、購入しようと思えば、なんでも購入できるくらい稼いでいる人達は
体験することにフォーカスしている人が殆どのように思います。

そして、そのような人物は共通して、
「物欲はない!」って言います。

 

5.人間関係を半分に減らす、時には、顧客を減らす!(※誤解注意)

これは誤解されるかもしれないけれど、不必要に付き合う人を増やすと
精神的な負担も増えてストレスが大きくなってきます。

人によっては、良かれと思って心配してくれたり、アドバイスしてくれるけど
それが、自分の望む方向でないと、無駄に純粋な心が傷ついたり
モチベーションが下がる要因をつくります。

特に自由になるための活動は、常識的な発想と異なる行動を取ることになるため
「もっと地面に足をつけて考えろ!」とか言われることがあります。

もちろん、様々にもらうアドバイスは、
どんな人からも学べると思うマインドセットもあるので
参考にはしますが、、、、

基本、自分よりも結果を出している人物や、自分のロールモデルのの言葉を
優先的に取り入れることにしています。

そういう意味では、雑音が入る場所には行かないようにしています。

なので、最近は、自分の在り方を優先して
「◯◯の会があるのだけれど、来ませんか?」と言われても
断ることが殆どです。

さらに、これはビジネス的に重要なのですが、、、

自分の理想に近いお客さんと方向性が違う顧客は断るようにしています。
これは、一見、顧客を減らしビジネス的に縮小するように思えるのですが
実は逆で、お互いにストレスが減り、相手にとっても良いことになるのです。

また、その分、既存のロイヤルカスタマーへの対応に時間を使えるので
結果的に、ビジネス的に発展する方向へと繋がるのです。

さらには、人は誰といるかでミラーニューロンが働きます。
なので、自分がなりたいと思うような人たちの中に入って行くことが重要で
自分がなりたくないと思うような人たちとは距離をとった方が良いです。

特に、不満タラタラいい合うようなグループには入らないことです。

私が起業して間もない頃、ある先輩社長から
「不満をいい合うような居酒屋は場の空氣が悪いので行くな!」と
言われました。

これって、とても重要なことだと思います。

だから、付き合う人を変えることです。
人生は、本当に付き合う人、出会う人で変わります。

ただし、中の良い友人の関係を冷たく切りなさいと言うつもりはないので、
誤解のないようにお願いします。

 

6.自分の中の他人の意見や考え方(ドグマ)を捨て、自分の”意図”だけ残す

私は人に会うと、その人のために何かできないかと思ってしまいます。
そして、頼みごとや取り組みに協力してしまうのです。
これは、私の良い面でもあるのですが、悪い面でもあります。

頼まれると「No!」と言えず、自分の負担できる以上に
背負いこんで、やりすぎてしまう傾向があるからです。

そんなことをやっていて、ある時氣付いたのです。
「自分は、他人の人生を生きている!」って。。。

時には、自分の人生の目的だと紙に書いていたことも
人から刷り込まれた「他人の目標」だったって氣付いたこともあります。

例えば、、、

私は、幼少の時から「成功しなければならない」って思い込んできました。
これが、ある日、父親から刷り込まれたものだったと氣付き
「借りものの目標」だと分かったのです。

その「借りもの目標」では、自分の中の潜在能力は
本格的には発動しないことをある日悟ったのです。

そこで、私は、父の願いを理解し、
自分の意思で、「何事かを成し遂げる!」と目標を所有したのです。

その後の展開は、自分の中で確実に変わったと思っています。

人は、氣付かぬうちに、他人の意見や考え方(ドグマ)に囚われて生きています。
これは、あたの人生ではなく、他人の人生を生きている状態です。

そうではなく、あなたの心の囁きに耳をむけ
素直になって、”心”が望む方向に人生を生きた方が良いと思います。

そのことが真に”自由”になることだと思います。

私の好きな言葉にスティーブ・ジョブズの言葉があります。

「あなたの時間は限られている。
だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。
ドグマに囚われるな。
それは他人の考えた思考で生きていることなのだから。
他人の意見の雑音にあなたの内面の声をかき消されないようにしないといけない。
そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持つことだ。
心と直感は、あなたが本当になりたいものをすでによく知っている。
それ以外のことは、全部二の次だ!」

今回、私が思う
「経済的自由・時間的自由・精神的自由を得る5つのワーク」
シェアしたけど、、、

これも、あなたにとっては、他人の考えた思考かもしれない。

だから、参考にするのは良いけど
最後は、自分の心と直感でどうなりたいかを発見し
それに向かって生きる自由を手にして欲しいと願っています。

Good Luck!

Pocket

お金持ちになる8つのマインドセット

Pocket

お金持ちになる人と貧乏になる人の違いはどこにあるのか?

これはとても興味深いことだと思うのですが、、、

私がその違いを調べて来た結果、
お金持ちになる人と貧乏になる人の違いは、結局
マインドセットの違いだと結論に至りました。

では、どのようなマインドセットの違いが
お金持ちになる人と貧乏になる人の違いを
分けるのでしょうか?

お金持ちになる人と貧乏になる人
8つのマインドセットの違い

1.貧乏になる人は、お金を”使う”ことばかり考えているが
 お金持ちになる人は、お金を”稼ぐ”ことばかり考えている

あなたは、1日のうちで、
お金を使うことを考えている時間が長いですか?

例えば、、、、

「次の休みは◯◯に行って、◯◯を食べよう。」
「お金が貯まったら、前から欲しかった◯◯を買おう。」
とか、チラシを見たら、「これ欲しい!」「これ行きたい!」
とか、、、

常にお金を使うことばかり考えていませんか?

それに対して、お金持ちになる人は
お金を稼ぐことを考えている時間の方が長いのです。

例えば、、、

「次の休みに、このアイデアのモデルになるあの店に行こう。」
「お金が貯まったら、前からやりたかったこのビジネスモデルを試そう。」
とか、チラシをみたら、「このキャッチコピーいいね!」
「この特別サービスのバックエンドは、ここか!上手いなぁ〜」
とか、、、

このあたりは、起業家マインドとも関係しているのですが
私のメンターの大富豪は次のように言います。

「投資でお金持ちになった人物はいない、
実際のところはスモールビジネスを当てた人だ!」
※これも投資と言えば投資ですが
これについては別の機会に解説します。

2.貧乏になる人は、お金を使う先が”負債”になるが
 お金持ちになる人は、お金を使う先が”資産”になる

例えは、同じようなブランド品の服を買うとします。
貧乏になる人は、それを買うことで
月々の分割払いが生まれ”負債”になります。

ところが、、、

お金持ちになる人は、高級なブランド品を買うことで
氣品を身につけ、自分の価値を高めることで
お金持ちが集まる場に参加し、人脈を広げて行きます。
これは、同じようなブランド品を購入しても
”資産”を作っていることになります。

つまり、購入することで
それからお金が生み出される”資産”になるものに
お金を使っているのです。

3.貧乏になる人は、お金を使って残ったら貯蓄するが
 お金持ちになる人は、使う前に貯蓄するお金を別にする

これも既に、誰もが知っている内容だと思うのですが
殆どの人が残ったら貯蓄しようとして全く残りません。

ならば、たくさん稼いで収入が増えたら貯蓄できるかと言うと
そんなことはなく、少ない収入で貯蓄できない人は
収入が増えても貯蓄できないのです。

例えば、、、

あなたが今、月収30万円で全く貯金できていないとします。
そこで、大好きなことで副収入になるビジネスを立ち上げ
それが成功して、月収が100万円を超えたとします。

普通、考えたら、毎月70万円は残るはずなのですが
実際にそうなると、月収100万円以上になっても
毎月100万円使ってしまいます。

最悪の場合は、稼げるようになったので
よけいに無駄遣いしてしまい、毎月稼ぐ以上に使ってしまい
お金が足らなくなってしまうことがあります。

そんな状況の中で、「もっと稼げばいいや!」と思っていると
ある日、売り上げがガクンと落ちた時に、運転資金も足らなくなり
年収が人の数倍あるのに、現実は「超ぉ〜大変!」って
状況に陥ることがあります。

私も、これを体験したから良くわかります。
多くの起業家が年収1000万を超えたあたりで
これを経験している人が多いです。

だから、私の富構築のメンターは言います。

収入が入ってきたら、使う前に
「3つのバケツに分けなさい!」と
「貯蓄用」「投資用」「支出用」
さらには、4つ目に「寄付用」も。

そして、貯蓄用は絶対に使わないお金にして
ビジネスが破綻した時など、最低でも半年は生活できる
お金は貯蓄しておきなさい。と言います。
※これについても別の機会に解説します。

ちなみに、稼いでいるのに、お金に困っている人は
このパターンですね。

4.貧乏になる人は、貰うことばかり考えているが
 お金持ちになる人は、与えることばかり考えている

これはとても重要なマインドセットです。
マーケティング的にも与えることをしておくと
「返報性の法則」で商品やサービスが売れます。

だから常に与えることを考えておくのです。

さらには、スピリチャル的な視点で
宇宙銀行に貯蓄する感じです。

宇宙銀行に貯蓄しておくと、その預けた金額は
”複利”で帰ってきます。

このような話は、莫大な富を築いた人物に話を伺うと
必ずと言って良いほど出てきます。必須ですね。

5.貧乏になる人は、お金を頂くことを否定し不満ばかり口にするが
 お金持ちになる人は、お金を頂くことを肯定し感謝の言葉を口にする

お金を頂くことに心理的なブロックがあるとお金持ちにはなりません。

また、お金のことを悪く言ったり、お金を稼ぐ人のことを悪く言っていると
お金はそのように、お金を嫌い大切にしない人のところへは行かず
逃げて来てしまいます。

お金は、お金がたくさんいる場所に集まってくるのです。
お金は、感謝してくれる人のところへ集まってくるのです。

だから、「ありがとう!ありがとう!ありがとう!」って言うと
お金持ちになるのです。

さらには、感謝することがたくさん起きるのです。

お金を頂けるタイミングが来たら、”感謝”して受け取りましょう。

6.貧乏になる人は、上手く行かないことを「失敗」と言うが
 お金持ちになる人は、上手く行かないことを「学び」と言う

エジソンの電球の材料を見つけた時の話をご存知ですか?
エジソンは、1万種類以上の材料を試したそうです。

その時、「”失敗”ばかりで嫌になりませんでしたか?」と
質問された時、、、

エジソンは、上手くゆかなかったことを「失敗」したと考えず
「電球に向かない材料を、また一つ発見した!」と考えたそうです。

この発想、とっても重要ですよね。

7.貧乏になる人は、居心地の悪さを嫌うが
 お金持ちになる人は、居心地の悪さを楽しむ

今、お金持ちでなく、これからの未来にお金持ちになりたいなら
今と同じことをやっていては、お金持ちでない状況が続くだけです。

だから、何かを変えたなければならないのです。

ところが、何かを変えるのは、居心地悪い場所に行かなければなりません。
そして、多くの人が不満を言いいながら、現在の居心地悪い場所に
いつまでも留まっているのです。

だから、積極的に居心地悪い場所に行くことです。
そして、その居心地悪さを楽しんでしまうことなのです。

8.貧乏になる人は、貧乏人と一緒にいようとするが
 お金持ちになる人は、お金持ちと一緒にいようとする

あなたが、いつも一緒に居る5人を選び
その5人の年収を平均したら、それがあなたの年収です。

って聞いたことありますよね。

人には、ミラーニューロンという脳細胞があり
見ている人の行動や、そばに居る人の考え方などが
自然と写って記憶され、自分もそのような行動が
自然に取れるようになるのです。

だから、貧乏人と一緒にいれば、貧乏人の思考方法や
行動パターンが身につき、貧乏な状況から抜け出せません。

逆に、お金持ちの人達の中に行けば、お金持ちになる人の
思考方法や行動パターンが身につき、お金持ちになるのです。

この時、いつもと違う人達の中に入って行くので、
とても居心地悪いですが、思い切って飛び込んで行くのです。

では、それはどこに居るのかと言うと、、、

私の場合は、超高額セミナーに参加することで出会い
その人との繋がりから、さらに人を紹介してもらいました。

ただし、紹介してもらえるような人物に
自分自身がなってないと人脈は広がってゆかないです。
この時はセルフイメージが重要になります。

これについては、前回紹介しているので、
こちらを参考にしてください。

基本的に、お金持ちに増す増すなる人は
トップ数バーセントしかいないので
多くの人が考えていることとは違う発想をしています。

つまり、普通であってはいけないのです。

多くの人と、違う発想が必要なのです。

だから、ある大富豪に私が
「どうやったら、あなたのように大富豪になれるのですか?」
質問したら、、、

その大富豪は次のように答えました。

「多くの人がやることと、逆のことをすることだよ!」

この言葉、いろいろな意味で深いです。

Pocket